新卒(ベトナム出身:来日8年目)

■母国ベトナムと日本の、人財の架け橋になりたくて入社。

日本に来たのは、19歳の時です。ベトナムの大学に合格していたのですが、父から「大学を出てもベトナムでは仕事を見つけにくい。海外に出てみたらどうだ?」と勧められたんです。日本の他にもシンガポールや台湾などの選択肢もあったのですが、日本のアニメ(ワンピース)が好きだったこともあり、日本に留学することを選びました。

福岡の日本語学校に2年間通い、卒業後、東京都内の大学に進学。在学中にスマイルサービスの取引先(外国人財の送り出し機関)でアルバイトをしていました。そこで井上社長と出会い、「まだ就職先が決まっていないなら、うちに入りませんか?」と声を掛けてもらったんです。「自分がベトナムと日本の人財の架け橋になれるかもしれない!」と考えて、入社を決めました。

■自分の手で、外国人財にチャンスを与えることができるのが嬉しい。

現在担当している仕事は、私の母国ベトナムの特定技能人財に向けての各種コーディネート業務。具体的には入国管理局へ提出する書類の申請のお手伝いや、日本での日常生活についての相談対応などです。日本語が堪能な外国人財でも、役所関係の書類を読解するのは難しいですし、慣れない外国での生活には不安や戸惑いが多々ありますからね。皆さんが安心して日本で活躍し続けられる環境を整えること、それが私の仕事です。

ベトナムはこれから発展していく過渡期ですが、現時点では、大学を出てもなかなか仕事に就けないことが多いです。また、経済面でも日本で働いたほうがはるかに高収入を得られます。ですから、“ベトナムから安心して日本に来て働けるルート”を整えることは、彼らに大きなチャンスを与えることに直結します。母国の未来を担う若者たちに、私自身の手でチャンスを与えられる!入社時に期待した通りの役割を担うことができて、本当に嬉しいです。壁にぶつかることや凹むことも多々ありますが、日々やりがいを感じています!

また、私自身もスマイルサービスで働くことで、さまざまな経験を積み、成長できました。初めての就職で何もわからないところからのスタートでしたが、先輩方から数々のビジネスマナーや社会常識を先輩方から教わり、自分の糧になっています。これからも積極的に新しいことに挑戦し、発見や学びを楽しみながら、大きく成長していきたいです!

■ベトナムに学校を創りたい!目標は2026年!!

当社の5か年計画にも組み込まれていますが、ベトナムに学校を創りたいと考えています。これからも、より多くのベトナムの若者たちに、日本でチャンスを掴んでほしい。そのために、現地での日本語教育の質を上げ、子どもたちの日本語レベルを高めていきたいのです。当社で得た知見を活かして、わたし自身が「スマイルサービス日本語学校inベトナム」設立プロジェクトのリーダーに、ぜひなりたい。今から準備を進めて、目標は2026年です! 35歳くらいまで日本でがんばってから、ベトナムに戻るつもりです。現地での起業も視野に入れています。その時には、スマイルサービスの学校を起点に、現地で質の高い日本語教育が受けられる環境が整い、「卒業後は日本で活躍する!」というチャンスを誰もが掴めるようになっていたら最高ですね!